株式会社アセットアップ

【相続した実家を売却するメリット】現実的な視点をわかりやすく簡潔に解説

お問い合わせはこちら

相続した実家を売却を検討

【相続した実家を売却するメリット】現実的な視点をわかりやすく簡潔に解説

2022/01/05

現実的な視点で考えてみる

誰も住まなくなった実家を売却すると、次のようなメリットが得られます。

 

① 維持費を払い続ける必要がなくなる

② 売却し現金化することで、遺産の分割がしやすくなる

③ 相続税の資金として利用できる

 

実家を売却することで、家を維持してきた両親との思い出がなくなってしまうと申し訳ない気持ちになる方もおられます。

また、家と土地の所有権を手放すことで、大きな資産がなくなってしまうというデメリットもあります。

 

しかし、長い眼で見てみると、実家の維持費は大きな出費となります。

そこで、下記のような状況の場合は、実家の売却を検討してみてもよいのではないでしょうか。

 

  • 実家を継ぐ人がいない
  • 遺された財産は現金よりも不動産のほうが多い
  • 相続税が支払えない

 

実家を売却することで、税金の負担が軽くなり、スムーズに遺産分割できるようになります。

 

売却に迷われている方は、将来的に固定資産税や都市計画税などの負担がどれくらいになるのか試算してみるのも良いのでないでしょうか。

 

相続不動産の売却について

相続不動産の問題は、一つずつ紐を解いていけば、簡単なことであったりします。

しかし、当事者であると紐が絡まってしまうこともあります。

弊社では、相続の段階から不動産売却のご相談に携わらせて頂くことが多くあります。

専門の会社に相談することにより、問題をより効率的に解決することができます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。親身になって対応をさせて頂きます。

アセットアップでは、東京23区と川崎を中心に、空き家・中古戸建・中古アパートの売却相談を行っております。

港区、大田区、品川区は、特に注力して買取をさせて頂いております。

まずはお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。