株式会社アセットアップ

人情味溢れる街『葛飾区』の空き家事情 【都内初の行政代執行》 空き家対策の具体的な取り組み

お問い合わせはこちら

葛飾区の「空き家事情」と「空き家対策」

人情味溢れる街『葛飾区』の空き家事情 【都内初の行政代執行》 空き家対策の具体的な取り組み

2022/04/27

葛飾区の空き家率は東京23区で5番目

葛飾区といえば、下町人情溢れる街

私を含めた多くの方が葛飾区に対して思っているイメージではないでしょうか。

やはり『男はつらいよ』の舞台となった柴又や、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で舞台となった亀有が印象的です。

その他にも、漫画『キャプテン翼』世界的に有名なサッカー漫画の舞台となった立石・四ツ木

「リカちゃん」 「トミカ」 「人生ゲーム」「モンチッチ」などのヒット商品を生み出した玩具会社タカラトミーの本社がある街です。

葛飾区の一部のマンホールがリカちゃんやトミカのデザインマンホールになっております。

 

そんな下町人情溢れる葛飾区の空き家数は約2.8万戸で、東京23区で8番目に高い空き家数となっており、空き家率でみると11.8%で、東京23区でTOP5に入る高い空き家率となっています。東京都全体での空き家率が10.8%ですので、平均より高い空き家率のようです。

参考資料:平成30年住宅・土地統計調査/総務省

葛飾区の空き家の状況

葛飾区では、区独自に空き家の実態調査を行っております。(棟単位の調査)

葛飾区空家等対策計画(平成30年)の調査報告によると、葛飾区内全域における推定空家数は 2,040 棟となっております。(推定空家率は 2.8%)

町名別に見ると、水元(0.7%)、 鎌倉(0.7%)、南水元(1.0%)地区が空き家数空き家率ともに低くな っています。

空き家数 TOP5

1位、堀切(270棟)

2位、東四つ木(153棟)

3位、四つ木(147棟)

4位、亀有 (120棟)

5位、高砂(114棟)

空き家率 TOP5

1位、東四つ木( 6.1%)

2位、四つ木(5.5%)

3位、亀有 (4.7%)

4位、堀切(4.3%)

5位、新宿(4.0%)

葛飾区では、空き家の対応状況を2ヶ月に一度公表しています。

 

現場確認済 1020棟      勧告        38棟

立入調査    120棟      命令        7棟

助言・指導     70棟      行政代執行     1棟

令和4年4月28日現在の累計データとなります。

 

行政代執行とは

所有者(義務者)に代わり、行政が適正な管理に向けた取り組みを行うことです。

行政上の強制執行の一種で、義務者が行政上の義務を履行しない場合に、行政庁が、義務者の代わりに対応し(第三者に依頼する場合位もある)その費用を義務者から徴収することをいいます。

 

葛飾区の行政代執行の事例

平成28年(2016年)3月

葛飾区は、空家等対策の推進に関する特別措置法(空家特措法)に基づく行政代執行を東京都内で初めて実施しました。

《状況・経緯》

場所は、葛飾区宝町二丁目。建物は、2階建て木造家屋。視認状況は、外壁の下地が露出し 柱や梁の腐朽も進み不法投棄物の増加が確認出来る。

北側に 4 m幅の私道をはさみ京成本線に接しており、倒壊した場合、スカイライナー を始め利用者多数の鉄道運行の障害になる恐れや、 隣接道路は、住民の利用の他、近隣の保育園児等が区 立公園に向かう際等に通行があるため、とても危険な状態でした。

葛飾区役所に通報や改善要望が多数寄せられていました。

20年以上空き家の状態が続いており、平成27年7月に指定空き家に認定され、勧告や命令等がなされていました。

所有者は「建物が危険なことは認識して いるが、建物を解体する気力がない。」と所有者として の責任を示さなかったようです。

その後、不誠実な回答を繰り替えし、改善に応じる姿勢をみせず、命令の措置期限を過ぎても変わらないため行政代執行を実施。

 

行政代執行日当日は、空家特措法に基づく都内初の行政代執行ということもあり、多くのマスコミがかけつけあたりは騒然としていたそうです。

解体工事完了までに3月3日から17日までの10日かかりました。現場は、更地になり侵入防止のためのロープを張り完了となりました。

 

東京都内の葛飾区以外の行政第執行のについて知りたい方はこちら

空き家を放置した末路【行政代執行の事例】空家等対策特別措置法の実態“東京の9事例を紹介”

葛飾区の空き家の適正管理助成

空き家の適切な管理を促進するため、所有者が空き家の管理を委託した場合の費用や 空き家の敷地内にある樹木のせん定にかかった費用の一部を助成します。

 

①管理委託助成

空き家の管理を委託した場合にかかる費用に対 して助成します。

《主な要件》

・空き家全般の見回り及び建物の通風・換気等の管理 を事業者等に委託していること

・当該空き家について、初めて管理委託助成を受けること

《助成費用》

管理委託費用の2分の1  ※上限 年間2万円

《期間》

初回申請月以降の継続した最長24ヶ月以内

 

②樹木せん定助成

周辺に悪影響を及ぼすことのないように樹木せ ん定を行った場合の費用に対して助成します。

《主な要件》

管理委託助成を受けている期間内に樹木のせん 定を行うこと

《助成費用》

樹木のせん定費用の2分の1  ※上限 1万円

《期間》

管理委託助成を受けている期間に1回限り

 

詳細はこちら ⇒ 空き家適正管理助成制度

葛飾区の特定エリアの助成制度

不燃化特区制度

葛飾区では不燃化特区内の不燃化を促進するため、木造住宅の建替え助成制度を創設しています。

 

《不燃化特区指定地区》

①四つ木1・2丁目、②東四つ木3・4丁目、③東立石4丁目、④堀切2丁目周辺及び4丁目(詳細はこちら)

《対象の建物》

 除却する老朽建築物
 次の(1)~(4)のすべてを満たす建築物及びこれに付属する工作物を除却すること
 (1)葛飾区の不燃化特区内にあること
 (2)主要構造部が木造または軽量鉄骨造であること
     ※2以上の主要構造部がある場合、建築物の延べ床面積の2分の1以上の構造部が木造または軽量鉄構造であること
 (3)耐用年数が2/3を経過したもの
   (木造:14年8ヶ月以上 木造モルタル:13年4ヶ月以上 軽量鉄構造:18年以上)
 (4)除却する老朽建築物が一戸建て住宅、長屋又は共同住宅である
    ※店舗等の用途を兼ねる場合、住宅部分の床面積が延べ床面積の3分の1以上であること

 建替え後の建築物
  次の(1)~(2)のすべてを満たすこと
 (1) 除却する住宅と同じ敷地の全部又は一部に建築物を建てること
 (2) 耐火建築物等又は準耐火建築物等である

 

《助成額》

 最大200万円 下記1と2の合計

 1 除却助成額   (イ、 ロのいずれか低い額)
  イ:除却した延べ床面積に27,000円を乗じた額
  ロ:建築物及びこれに付属する工作物の除却に実際にかかった費用

 2 建替え助成額

 ■戸建住宅を建てる場合   (イ、 ロのいずれか低い額)
  イ:1~3階までの床面積の合計に応じて定めた設計・工事監理費の基準金額
  ロ:設計費、工事監理費に実際にかかった費用

 

詳細はこちら⇒ 不燃化特区内の建替え助成制度

 

このような制度を活用することで、空き家の取り組みに対する負担は大幅に軽減されるのでは無いでしょうか。

問題解決にむけて具体的な取り組み

葛飾区の空き家事情について、取り上げてまいりました。

様々な空き家対策の方法がございますが、いざご自身の物件のこととなると戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

賃貸用物件のお持ちの方は、目の前の空室を早急に対処するために、どのような対応がベストか迷われる方が大半です。

これだけ、空室の多いマンションやアパートの空き家を減らすには、普通に賃貸募集をしていても現状を変えることは難しいでしょう。

弊社では、様々な企画やアイディアをもとに空き家対策を行うノウハウを持っております。

まずは、お気軽にご相談下さい。

 

アパートやマンションなどの賃貸用住宅はもちろんのこと、居住中の戸建ても対応致します。

物件売却、賃貸募集、賃貸管理まで幅広く対応させて頂きます。

弊社は、再建築不可、借地権、事件事故、老朽化、雨漏り、害獣被害、荷物整理や処分など多岐にわたり対応が可能です。

物件を修繕する費用が無く放置してしまっている方は、早急にご相談下さい。解決策を一緒に見つけることが出来ます。

 

下記の方は、お気軽にご相談下さい。

ご相談を頂くことで悩みを解決出来ます可能性があります。

・不動産屋に依頼をしているが現状が変わらない方

・不動産屋から諦められた物件をお持ちの方

・物件に問題があり対策がわからない方

・費用がかけられず放置している方

・管理会社と揉めてしまっている方

・賃貸経営で空室に悩み物件を手放したい方

・賃貸募集や管理がうまく行っていない方

・維持管理が大変でお困りの方

空き家対策は、ひとりで悩んでいると解決に時間がかかってしまい、余計な出費やトラブルが発生してしまいます。

まずは、お気軽にご相談下さい。

葛飾区の空き家対策はおまかせ下さい。

アセットアップでは、空き家の対策を得意としております。

空き家対策は地域や物件、状況によって注意する内容が異なります。

悩んでしまい抜け出せなくなる前にお気軽にご相談ください。

専門の会社に相談することにより、問題をより効率的に解決することができます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

アセットアップでは、東京23区と川崎を中心に、空き家・中古戸建・中古アパートの売却相談を行っております。

葛飾区は、注力して買取や売却対応をさせて頂いております。

まずはお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。